Entries

日曜洋画劇場「ダイハード4.0」で交通インフラのハードとソフトを思う

「ダイハード4.0」を1月3日の午後9時から見たのですが、そこで地下道(?)への進入を操作する場面があって、両側から進入した車両同士が正面衝突するような場面を見た。正面から対向車が来るのに気付いても、後からもどんどん車が来ているんですよね。映像の中では軽い表現になっていましたが、それ以上にとんでもなく恐ろしさを感じました。

そして、それから連想したのが高速道路(や自動車専用道)の逆走。
ハードがきちんと機能するのは、ルールの徹底によってソフトが機能していることが前提となる。
そんな当たり前のことを考えさせられたのです。

マナーが疎かにされる社会では、そのルールがきちんと機能するのだろうか。
バランスの問題だろうけれど、どのようなハードとソフトが利用者と住民の幸せにつながるのか、「コンクリートから人へ」という方もおられる時代に、大きな未来像を示す人とアイデアが登場してもらいたい。

一本の映画から、駐車監視員の必要性と仕事内容を考えさせられる正月でした。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://macademian.blog61.fc2.com/tb.php/228-a55e8371
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

マカデミアン・ロッキー

Author:マカデミアン・ロッキー

◆元駐車監視員

警備業と建築業、不動産業の不正がなくなるといいなぁ。


最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索